ウシジマくんでの門脇麦、濡れ場アリ??

映画「愛の渦」でブレークした門脇麦。

共に3つの新人女優賞を受賞した映画「闇金ウシジマくん2」ではなんと風俗嬢役。

スポンサードリンク



愛の渦で濡れ場を演じてみせた門脇麦、ウシジマくんの風俗嬢ではどうなのでしょうか。

今回は、ウシジマくんでの門脇麦について。

観ていないかたはもちろん、一度観ているかたも必見です。

門脇麦プロフィール

本名   門脇 麦(かどわき むぎ)

生年月日 1992年8月10日(24歳)

出生   ニューヨーク

出身   東京都

身長   160cm

体重   非公開(おそらく45kgほど)

BWH    B81cm W64cm H91cm(想定)

血液型  B型

学歴   都内女子校

事務所  ユマニテ

特技   クラシックバレエ、英会話

趣味   料理、ギター、映画鑑賞

家族   父、母、弟

門脇麦という名前は本名。

名前の由来は、麦はまっすぐに伸びることから、麦のようにどこまでもまっすぐ育ってほしいとの思いが込められています。

幼少期は4歳から14歳ぐらいまでプロを目指してクラシックバレエに明け暮れる日々を過ごしていました。

しかしプロになることに限界を感じ、バレエをやめてしまいます。

その後の高校3年間はやりたいことが見つからず「暗黒」だったと言います。

自分を模索しながら何気なく映画を観ていくうちに「表現手段」として芝居に魅せられ、女優という職業に興味をもつようになりました。

するとすぐに門脇麦は芸能事務所を調べ尽くし、手紙を送り一発合格。

現在はユマニテという事務所に所属しています。

ユマニテには、東出昌大、満島ひかり、安藤サクラなどが所属。

門脇麦の女優デビューは2011年のドラマ「美咲ナンバーワン!!」。

2013年には「スクールガール・コンプレックス-放送部篇-」で主演を務めました。

そして門脇麦は2014年「愛の渦」「ウシジマくん」などで大きく注目されることに。

第6回TAMA映画賞 最優秀新進女優賞(「愛の渦」「闇金ウシジマくんPart2」)

第36回ヨコハマ映画祭 最優秀新人賞(「愛の渦」「闇金ウシジマくんPart2」「シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸」)

第88回キネマ旬報ベスト・テン新人女優賞(「愛の渦」「闇金ウシジマくんPart2」「シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸」)

上記の3つの賞を受賞。

門脇麦は「愛の渦」「ウシジマくん2」での受賞後、自分から動かなくてもオファーが来るようになったようです。

闇金ウシジマくんpart2

門脇麦が風俗嬢を演じたのはウシジマくんpart2。

闇金ウシジマくんのあらすじを紹介していきます。

現代社会の闇を深くえぐり、その先のわずかな光を予感させるハードな内容ながら、国民的ベストセラーとなった真鍋昌平の原作コミック「闇金ウシジマくん」をリアルに実写化し、ドラマから映画まで大ヒットした「闇金ウシジマくん」シリーズ。

金に困り「後がない」客に「10日で5割(トゴ)」「1日で3割(ヒサン)」といった違法な金利で貸し付け、債務者を徹底的に追い込むヤミ金「カウカウファイナンス」のウシジマとNo2の柄崎、元ホストでヤミ金界のプリンス・高田。

新たな相棒として情報屋の戊亥を迎え、今回の映画「ウシジマ2」では、スピーディで重量感のあるアクションとバイオレンス、特濃の人間ドラマと喜悲劇、すべてがハンパなくスケールアップ。

究極のウシジマワールドがここに開幕するー。

ウシジマシリーズは裏社会の話だけあって目を背けたくなるようなバイオレンスもしばしば。

そんなウシジマで風俗嬢を演じる門脇麦。

そのまえにウシジマシリーズに欠かせない豪華すぎるキャストを紹介します。

スポンサードリンク



キャスト

丑嶋馨(ウシジマカオル)    山田孝之

戊亥(いぬい)         綾野剛

高田              崎本大海

柄崎(えざき)         やべきょうすけ

摩耶(まや)          久保寺瑞紀

加賀マサル           菅田将暉

愛沢浩司(あいざわこうじ)   中尾明慶

神咲麗(かんざきれい)     窪田正孝

蝦沼(えびぬま)        柳楽優弥

愛沢明美            木南晴夏

藤枝彩香            門脇麦

犀原茜(さいはらあかね)    高橋メアリージュン

村井              マキタスポーツ

大成              相葉裕樹

尚樹              落合モトキ

ユキミ             本仮屋ユイカ

熊倉のアニキ          光石研

ウソ虫歯/下村           バカリズム

里中美奈子           大久保佳代子

日野牧子            キムラ緑子

実力派から個性派まで素晴らしいキャストがウシジマワールドを彩っています。

ウシジマくん2での門脇麦、濡れ場アリ??

「闇金ウシジマくんpart2」で門脇麦は、風俗嬢になってまでホストに入れ込む藤枝彩香という女性を演じました。

門脇麦は「愛の渦」であれほどの濡れ場を演じたため、ウシジマくんであっても不思議ではないはずです。

藤枝彩香は中卒で美容師を目指し、カフェで働きお金を貯めるいたって普通の女の子。

しかし家庭環境が悪く、うんざりした毎日を過ごしていました。

彩香の唯一のストレスのはけ口は、ゲームセンターのオンラインゲームで全国ランキングで上位の成績を残すことでした。

そんな時に出会ったのが崖っぷちのホスト麗(窪田正孝)。

麗は彩香のゲームの腕を褒め、店に来るよう頼み込みます。

家族ぐらいしか関わりがない日々に突如現れた麗に戸惑いつつも、次第に惹かれていきます。

いつの間にか彩香は麗に入れ込むようになり、カフェのバイトではお金が足りない状態に。

ついに自らの体を売り援助交際をしてしまい、やがてアダルトビデオの撮影にまで発展。

No.1ホストへあと一歩だという麗に口説かれ、最後には風俗嬢になってまでお金を工面しようとします。

本題の門脇麦の濡れ場ですが、挙げるならばアダルトビデオで後背位をさせられるシーン。

しかし愛の渦ほどのインパクトや美しさは無く、痛々しさが残ります。

濡れ場とは言い切れないというのが正直な印象でした。

まとめ

以上「ウシジマくんでの門脇麦、濡れ場アリ??」でした。

門脇麦は「愛の渦」での印象が強く、ウシジマくんでは風俗嬢を演じるということで、もしかしてと思いましたが、、。

結論から言うと、これといった濡れ場はありませんでした。

たしかにAVの撮影で後背位をされるシーンは露出が多いですが、「ウシジマくん」が裏社会をテーマにしているだけあり、濡れ場をいう表現は適切ではないなというのが率直な感想です。

裏を返せば「愛の渦」の門脇麦はこれぞ濡れ場という印象。

もはや美しいとさえ思えます。

世界観の違いもありますが「ウシジマくん」と「愛の渦」を見比べてみると、門脇麦の演技の幅に感心しました。

門脇麦の「愛の渦」についての記事はこちらからご覧ください。

no-cinema-no-life/池松壮亮-門脇麦-愛の渦-でかい/

それにしても「ウシジマくん」は豪華キャストもさることながら、エンタテインメントとリアリティがバランスが取れていて、変に笑いすぎることも無いし、重すぎもせず観終わったあとなんだかスカッとしました。

ウシジマくんの大ヒットの秘訣はここらへんにあるのではないでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

おわり。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です