続編「デスノート」池松壮亮の演技に注目!!

月とLの事件が終着してから10年。

Lの遺伝子を引く天才探偵・竜崎を演じたのは池松壮亮。

スポンサードリンク



事件に影響を受けた新世代の天才達と、デスノートを巡り国家規模の奪い合いを繰り広げます。

「君の名は。」の記録を破り、ランキングトップに立った新作「デスノート」で、池松壮亮はどんな演技を魅せるのでしょうか。

デスノート Light up the NEW world

images-2

「デスノート」(DEATH NOTE)

原作・大場つぐみ、作画・小畑健

「週刊少年ジャンプ」で連載されたマンガが原作。

2006年に映画化され、キラ・夜神月を藤原竜也、Lを松山ケンイチが演じ大ヒットを記録した。

今回のデスノートの舞台はその10年後。

なんと、名前を書かれた人が死んでしまう「デスノート」が6冊も登場。

日本では警視庁にデスノート対策本部が設けられ、部署のエースで自称「デスノートオタク」、主人公・三島を東出昌大。

キラを崇拝するサイバーテロリスト・紫苑優輝を菅田将暉。

Lの遺伝子を継ぐ天才探偵・竜崎を池松壮亮が演じます。

3人の天才があらゆる手を尽くして行われるデスノートの争奪戦。

何が起こるのか分からず、ハラハラする展開なんです。

「デスノートLight up the NEW world」は、

パロディではなく正式な続編として、原作者・大場つぐみさんの助言を得て、制作されています。

また、新しく登場する死神のデザインを作画担当の小畑健さんが監修。

そしてなによりの見どころは、前作の月・藤原竜也、L・松山ケンイチそして、弥海砂・戸田恵梨香が出演していること。

「デスノート」を作り上げてきた人達から、しっかりバトンを受け取る形になっています。

前回との最大の違いは主人公がデスノートの使用者(夜神月)から、

デスノートの捜索者(三島創)に変わったこと。

前作は、簡略化すると「月と観客vsL」だった構図が、

三島vs竜崎vs紫苑vs(観客)に変わったと言えます。

なので誰がデスノートを持ってるのか、使っているのか。

先が読めない心理戦、デスノートの争奪戦に心奪われるでしょう。

池松壮亮プロフィール

「デスノート」でLの後継者の天才探偵という大役を務めた池松壮亮。

そのプレッシャーは並々ならぬものだったと言います。

「デスノート」で池松壮亮を知った方もいると思うので今一度プロフィールを紹介します。

images-3

本名    池松壮亮(いけまつそうすけ)

生年月日  1990年7月9日 26歳

身長    172cm

体重    59kg

血液型   A型

出身    福岡県福岡市

学歴    福岡大学付属大濠高校→日本大学芸術学部映画学科監督コース 卒業

事務所   ホリプロ

趣味    映画鑑賞 釣り

特技    ピアノ 野球

好物    うどん

家族    父、母、姉、妹、弟

2001年10歳「ライオンキング」のヤングシンバ役でデビュー。

12歳「ラストサムライ」のオーディションで飛源役に選ばれハリウッドデビュー。

共演したトム・クルーズや渡辺謙から色々なものを受け取ったと言います。

その後、あまり仕事を入れないようして、池松壮亮は自分の行く道についてかなり悩んでいたそう。

いずれ悩みも吹っ切れ、日本大学芸術学部を卒業した翌年、爆発的なブレイクを果たします。

その2014年に公開された出演映画はなんと8本。

日刊スポーツ映画大賞やヨコハマ映画祭で助演男優賞で受賞、数々の賞を受賞しました。

物語の中に生きている自然体な演技で、オファーが殺到しています。

スポンサードリンク



「デスノート」での池松壮亮の演技

仕送りを乱交パーティに遣い切るニートや、無口な高校生等様々な役を自然に演じ分ける池松壮亮。

「デスノート」ではLの遺伝子を継ぐ天才探偵・竜崎を演じます。

池松壮亮は今回の役作りとして、カラーコンタクトをして髪を伸ばしヒゲを蓄え、まるで別人の容姿を体現しています。

before

imgres-2

after

imgres

天才探偵の変わり者ぶりが遺憾なく漂っている一枚。

この竜崎役の池松壮亮の演技が評判です。

ネットでは「かっこよすぎ」「雰囲気が好き」「Lのコピーじゃなくて好感」など絶賛の声が多かったです。

僕も、この池松壮亮の演技がかなり意外に感じました。

Lの後継者はもっとカタい人物かと思いましたが、天才故の幼稚さやワガママ、自分勝手さが前面に押し出されている。

落ち着いているLとは正反対のようなキャラクター。

かなり新鮮です。

池松壮亮の演技では見たことが無い領域でした。

「デスノート」出演者コメント。

imgres-2

三島創(みしまつくる)役 東出昌大

「原作漫画のファンで、10年前の映画も拝見して、藤原竜也さんと松山ケンイチさんの演技に感慨深げだった自分がデスノートの新作映画に携わる事ができて、本当に嬉しいです。

池松壮亮くん、菅田将暉くんと一緒に、3人の秀才による緻密なやり取りをどんな形で表現するのか。

日々大きな重圧と戦っていますが、必ず良い作品に仕上げますので、どうぞご期待ください。

昔からのファンの皆さんはもちろん、初心者の方にも受け入れやすい作品になりますので、是非映画館に来て、デスノート独特の雰囲気を感じ取っていただけたら、と思っています。」

imgres-3

竜崎役 池松壮亮

「人間の強さだけではなく、弱さもしっかり描いているのが『デスノート2016』の魅力です。
私自身も撮影を通じて多くの事を勉強させていただきました。

今の世界は、目を覆いたくなるような事件・事故が多発しています。
そんな世の中だからこそ、多くの方に高揚感を与えたい!と考えて、撮影に臨んでいます。

私が演じる竜崎は、松山ケンイチさんが演じられたLの後継者です。
偉大なLを超えられるような演技をお見せできたら、と考えています。」

imgres-4

紫苑優輝(しえんゆうき)役 菅田将暉

「10年前の映画をファンの1人して拝見していた事もあって、オファーをいただいた時は気持ちが高ぶりました。

紫苑優輝はキラに異様な信仰心を持つキャラクターです。
難しい役どころですが、原作漫画に登場するメロとニアというキャラクターから演技のアイデアをもらう形で演じさせていただきました。

前作が偉大する作品ですから、プレッシャーがないわけではありません。
でも演じるからには、前作を超えるような作品を作りたい、と考えていますので、応援よろしくお願いします。」

まとめ

以上『続編「デスノート」池松壮亮の演技に注目!!』でした。

個人的には「セトウツミ」での共演からすぐに「デスノート」と、池松壮亮と菅田将暉の共演が続いたことが面白かったです。笑

ちなみに、敵同士の役なのに現場では関西弁で息ぴったりで漫才のような会話をしていたようです。

東出昌大も二人に入る隙がなくてタジタジだったとか。

池松壮亮は「(菅田将暉とは)もう当分共演することは無いと思う」と発言。

菅田将暉は「そうですね、うるさくなり過ぎたからあの二人離せみたいな。小学校のクラス替えじゃないですけど。」とコメント。

池松壮亮は前二部作の俳優陣の出演作について言及しています。

「やはり、前作でたくさん、革命的なことを起こして、10年が経って今回、どうなるんだろう?

最初は「出ないだろう」と思ってたけど、出演されると聞いて、すごく嬉しかったです。

作品としても、間違いなくこれでまたひとつレベルアップすると思ったし、お2人の存在、前作を引き継ぐ者たち、そして死神の存在によって、どうやってもこの作品が『デスノート』になるなって。」

僕はこのコメントを聞いてかなり腑に落ちました。

完全なオリジナルストーリーですが確かにデスノートでした。

そこには、製作者側、俳優陣の努力や、受け継いできたもの等色々なものが詰まっていると感じました。

最後に、戸田恵梨香が可愛すぎて驚きを隠せません。。。

最後までお読みいただきありがとうございました。

おわり。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です