柳楽優弥が少女連れ去りで逮捕!?

柳楽優弥が少女連れ去りで逮捕!?

こんな恐ろしいデマが流れたようです。

スポンサードリンク



もちろんそのような事実関係は一切ないですし、

柳楽優弥は逮捕されていなければ、逮捕歴もありません。

ましてや少女連れ去りって、、

一体なぜこんな噂が出てきてしまったのでしょうか。

「柳楽優弥 逮捕 少女連れ去り」

この検索の謎に迫ります!!

柳楽優弥プロフィール

本名   柳楽 優弥(やぎらゆうや)

生年月日 1990年3月26日(27歳)

出身   東京都東大和市

身長   174cm

体重   57kg〜82kg

血液型  A型

学歴   堀越学園 中退

事務所  スターダストプロモーション

特技   武道、乗馬、サッカー

趣味   カメラ(10年)

家族   父、母、妹、嫁、娘

配偶者  豊田エリー(2004〜)

俳優・柳楽優弥。

現在映画、ドラマと次々に出演し、活躍している実力派。

そんな柳楽優弥のデビューは12歳。

映画「誰も知らない」で初めての映画出演、主演でデビューします。

第57回カンヌ国際映画祭で最優秀主演男優賞を受賞。

これは日本人初の快挙、それもカンヌ史上最年少受賞。

このことから柳楽優弥は天才子役として扱われるように。

その後、柳楽優弥は「星になった少年」(o6)

「包帯クラブ」(07)

と、立て続けに主演映画が公開され一気にブレイク。

「だからもう、天狗(てんぐ)なんてもんじゃない。

わがままで生意気でした。

ガキのくせして『やる意味がない』とか言って偉そうに仕事を断ったりして。

それによって周りに迷惑をかけていることにも全く気づいていませんでした。

10代の僕は、本当にタチが悪かった。

今ここにいたら、ぶん殴ってやりたいほどです。」

インタビューで柳楽優弥はこのように語っています。

子役デビューと同時に世界的な評価を受けても、なかなか理想の自分に近づけないことなど、

様々なプレッシャーを感じた柳楽優弥は精神的に不安定になり、食に走りました。

その結果1日8食の生活を続けることで、20kg以上増えて82kgまで太ってしまいます。

そして18歳の頃には安定剤を大量に服用して倒れ、病院に緊急搬送。

家族との口論でカッとなってその場でいつもより多くの安定剤を飲んでしまったことが原因でしたが、

当時新聞の一面は自殺未遂と書き立てました。

いまでは完全復活を果たした柳楽優弥ですが、安定剤ではなくて麻薬だったのではないかなどと勘ぐる人もいて、イメージダウンに悩まされました。

柳楽優弥が少女連れ去りで逮捕!?

「柳楽優弥 少女連れ去り 逮捕」

なぜこのような検索が増えているのでしょうか。

それは柳楽優弥が少女連れ去りで逮捕された容疑者に似ているから、

似ていると言われたから、でしょう。

その画像がこちら。

僕は断じて似ていないと思いますが、

なかには少しでも似ているとそっくりと騒ぎ立てる人もいます。

柳楽優弥にとってはいい迷惑ですが、有名人はたまにこういった風評被害を受けることもしばしばです。

スポンサードリンク



ではこの少女連れ去り事件について少し触れてみます。

2014年に埼玉県朝霞市で帰宅途中の女子中学生が突然姿を消しました。

当時は家出とされていましたが、少女自ら逃げ出し駅の公衆電話から110番通報することで幕を閉じました。

でも少女が保護されたのが2016年の3月。

つまり、2年もの間監禁されていたということになります。

容疑者は「両親が離婚した。弁護士に会わせる。」などといって少女を連れ去り、

「お前は親に捨てられた、誰も捜していない」といった言葉で心身共に支配していたようです。

家を内側から出られないように細工し、外出中も監視していました。

しかし少女に暴行を加えた形跡や拘束していた様子は無く、宅配便を受け取ったり、自ら料理をしていたこと、容疑者から受け取った少女漫画を読んでいたことや、制限つきのインターネットを使用していたことが明らかになっているようです。

また千葉大学に通っていた容疑者が埼玉県で少女連れ去りをした理由と、少女との接点は不明瞭なんだとか。

いつも柳楽優弥の画像検索に混ざって出てくる人に疑問を持ってましたが、まさか少女連れ去り事件で逮捕された人物だとは思ってもみませんでした。

こうして並んでると、似ている気もしなくはないですが、、、。

柳楽優弥には少女連れ去りで逮捕された事実はありません。

幸せな家庭を持っている素敵な俳優さんなので、顔以外は一切この事件とは接点がないと言えるでしょう。

役では逮捕されたことがある柳楽優弥

とは言っても、柳楽優弥が危うい雰囲気を持つ役を演じたことも背景にあるかも知れません。

映画「闇金ウシジマくんPart2」では門脇麦扮する藤枝彩香のストーカー、蝦沼を演じています。(上の画像)

蝦沼は彩香に執拗にストーカー行為を繰り返し、ある日彩香が男性といるところを見ると、

逆上して住居に侵入し、暴れ回り相手の男性を鈍器で殴打。

蝦沼は痩せていて不潔で、いかにも頭が悪い話したかたで眼光は鋭く、何をしでかすか分からない。

いかにも不審者でサイコパスでした。

少女連れ去り事件を起こしてもおかしくはない人格です。

ドラマ「ゆとりですがなにか」での道上まりぶは、おっぱいパブの客引き。いわゆるポン引きの兄ちゃん。

山路(松坂桃李)と坂間(岡田将生)を「おっぱいいかがですかー!」と勧誘し、ぼったくり。

物語ではこのことから山路と坂間との関係が始まります。

やがて、妻子持ちで弁護士か医者を目指し11浪中、複雑な家庭環境を持つことから挫折した過去が浮かび上がりました。

見た目のチャラさとは一転、核心を突く一言が印象的で、ゆとり世代の山路と坂間と共に社会に揉まれながらも少しずつ成長していきます。

しかしまりぶはまっとうな人生を歩もうを決心した矢先、恐喝未遂と脅迫で逮捕されてしまいます。

実は一部では、「ゆとりですがなにか」で柳楽優弥のまりぶが逮捕された時期と、少女連れ去り事件で容疑者が逮捕された時期が近かったことから、

柳楽優弥が少女連れ去りで逮捕された!という噂に繋がったのではないかと言われています。

先ほどいったように柳楽優弥にとってはいわれもない噂ですが、僕にはそれだけ道上まりぶがインパクトのあるキャラクターだったことを裏付けているように思えます。

ちなみに柳楽優弥はこの道上まりぶ役で「第89回ザテレビジョン ドラマアカデミー賞 最優秀助演男優賞」を受賞しました。

まとめ

以上「柳楽優弥が少女連れ去りで逮捕!?」でした。

最初に記した通り、柳楽優弥は逮捕されていなければ逮捕歴もなく、ましてや少女連れ去りの事実もありません。

容疑者に顔が似てると噂されたことから生まれた風評被害です。

これはあくまで仮想ですが、柳楽優弥が子役のときに「クニミツの政」で共演した押尾学を慕っていたこと、

後に押尾学が薬物で逮捕されたことと、

柳楽優弥が安定剤で倒れたことで関係を疑われ、イメージ的に「病院に搬送」が「逮捕」に捻じ曲げられて伝わったのかもしれません。

またドラマの中でまりぶが逮捕された時期が近かったことなど、

様々な要因が重なり

「柳楽優弥 逮捕」と検索されるようになった。

そして予測変換で出てきた少女連れ去りという言葉から

「柳楽優弥 逮捕 少女連れ去り」と検索されるようになったのではないでしょうか。

どのみち柳楽優弥の潔白は証明されているわけですが、噂の出処だけ気になりますよね。

お付き合いくださりありがとうございます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

おわり。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です