柳楽優弥のキスは「まれ」だけじゃない!?

柳楽優弥と土屋太鳳のキス、

いわゆるまれキスはまだまだ記憶に新しいですよね。

しかし、柳楽優弥がキスしていたのはまれだけではありません。

以前は沢尻エリカとキス、

ガキの使いではエガちゃんとキス、

最近ではムロツヨシとキスしています!?

スポンサードリンク



今回はまれのキスの詳細から、ほかのキスにも迫ります。

『柳楽優弥のキスは「まれ」だけじゃない!?』

始まります!

柳楽優弥プロフィール

本名   柳楽 優弥(やぎらゆうや)

生年月日 1990年3月26日(27歳)

出身   東京都東大和市

身長   174cm

体重   57kg〜82kg

血液型  A型

学歴   堀越学園 中退

事務所  スターダストプロモーション

特技   武道、乗馬、サッカー

趣味   カメラ(10年)

家族   父、母、妹、嫁、娘

配偶者  豊田エリー(2004〜)

俳優・柳楽優弥。

現在映画、ドラマと次々に出演し、活躍している実力派。

そんな柳楽優弥のデビューは12歳、子役としてでした。

映画「誰も知らない」で初めての映画出演、主演でデビューします。

第57回カンヌ国際映画祭で最優秀主演男優賞を受賞。

これは日本人初の快挙、それもカンヌ史上最年少受賞。

このことから柳楽優弥は天才子役として扱われるように。

その後、柳楽優弥は「星になった少年」(o6)

「包帯クラブ」(07)

と、立て続けに主演映画が公開され一気にブレイク。

「だからもう、天狗(てんぐ)なんてもんじゃない。

わがままで生意気でした。

ガキのくせして『やる意味がない』とか言って偉そうに仕事を断ったりして。

それによって周りに迷惑をかけていることにも全く気づいていませんでした。

10代の僕は、本当にタチが悪かった。

今ここにいたら、ぶん殴ってやりたいほどです。」

インタビューで柳楽優弥はこのように語っています。

子役デビューと同時に世界的な評価を受けても、なかなか理想の自分に近づけないことなど。

様々なプレッシャーを感じた柳楽優弥は食に走ってしまいます。

その結果1日8食の生活を続けてしまい、太ります。笑

そして18歳の頃には体調を崩してしまいます。

柳楽優弥とまれ、キスに迫る!

柳楽優弥の「まれ」でのキス。

まれのキスシーンについて掘り下げるまえにまれのキャスト、あらすじを紹介していきます。

ドラマ「まれ」キャスト

津村希(まれ)   土屋太鳳

津村徹       大泉 洋

津村藍子      常盤貴子

津村一徹      葉山奨之

蔵本はる      鈴木砂羽

蔵本浩一      篠井英介

寺岡真人      塚地武雅

角慎一郎      ガッツ石松

紺谷博之      板尾創路

寺岡久美      ふせえり

小原マキ      中川翔子

紺谷圭太      山﨑賢人

蔵本一子      清水富美加

津村みのり     門脇 麦

二木高志      渡辺大知

角洋一郎      高畑裕太

池畑大輔      柳楽優弥

池畑美南      中村ゆりか

浅井和也      鈴木 拓

矢野陶子      柊子

珍文棋       孫成順

池畑輪子      りょう

池畑大悟      小日向文世

紺谷かおる     中村敦夫

桶作元治      田中 泯

桶作文       田中裕子

スポンサードリンク



まれあらすじ

1994年夏。

夢が嫌いな小学5年生の津村まれ(松本来夢)は、家族とともに夜逃げ同然で石川県・能登半島の小さな漁村に越してくる。

一家は、偶然の出会いから塩田を営む夫婦の家に間借りすることになる。

そして、夢ばかり語る父・徹(大泉洋)に代わって、母・藍子(常盤貴子)がまれと弟の一徹(葉山奨之)を養うため、塩田で力仕事をこなしていた。

8年後。

夢を追って能登を出たまま帰ってこない父を反面教師に、まれ(土屋太鳳)は、輪島市役所を就職先に選んでいた。

だが、夢の大切さを気づかせてくれた同級生の紺谷圭太(山﨑賢人)や、世界的パティシエの祖母・幸枝(草笛光子)と接するうち、自分の夢だったパティシエへの思いを取り戻す。

柳楽優弥扮する大輔が登場するのがこのあとの横浜編〜。

幼馴染の圭太(山﨑賢人)と繰り広げる三角関係がお茶の間を騒がせました。

こっからアバウト。

まれは夢の原点、5歳の時に食べたケーキの感動を忘れられず横浜へ。

しかし採用された洋菓子店のケーキはイメージと違っていたため辞退してしまいます。

食べ歩きでひたすら求めるケーキを探し、やっとの思いで忘れられない感動の味を見つけました。

なんとそこの亭主、大吾は(小日向文世)かつてまれが参加したロールケーキコンテストの審査員で、まれのケーキを酷評した張本人だったのです。

こうしてまれは大吾のもとで、修行することに。

覚えることが多く慣れない新天地での出来事もやっと落ち着き、

まれは住まい先の中華料理屋「天中殺」の二階の鍵を受けとり、ベッドに倒れ込みます。

すると部屋の扉が開き、見知らぬ男が入ってきました。

まれ「だ、誰、、?」

男「お、かわいいのがいる。」

酔っている男はいきなりまれを抱き寄せキスをします。

まれは驚きで言葉も出ません。

その男こそ大吾の息子、大輔(柳楽優弥)。

柳楽優弥の登場です。

大輔はこの後、散々まれの恋心を振り回していきます。

柳楽優弥のキスは「まれ」だけじゃない!?

柳楽優弥のキスシーン、最近では「まれ」が記憶に新しいですが、

実はまれだけではないんです。

それが柳楽優弥初のキスシーンとなる映画「シュガー&スパイス」。

なんとお相手は沢尻エリカだったんです。

柳楽優弥は当時16歳。

年上の沢尻を相手に「緊張した」と赤面しながら語った柳楽は、キスの味について「桃色」と一言。

中江監督から細かく指導されながらゆっくりと目を閉じるシーンを再現した上で「こんな感じでする機会もなかなかないと思いますし・・・いい経験をさせて頂きました!」と照れくさそうに語った。

(ORICONNEWSより引用)

桃色のキスって、、もはや想像出来ません。

ちなみに全然関係ないですが、斎藤工のキスの味はマンゴー味です。

そして柳楽優弥のキスといえばこちら。

さ、はじまるよ、 #おんな城主直虎 真ん中のやつは出ません、

A post shared by ムロツヨシ (@murotsuyoshi0123) on

我らがムロツヨシ。

インスタのグラムを始めて大暴れしています。

こちらの写真は「柳楽優弥とムロツヨシがキスしてる!!」と騒がれたものですが、キスよりも耳うちの近いですね。笑

ムロツヨシのインスタグラムは、ムロツヨシだけでなく豪華な友人たちの素顔に近い表情をみることができると評判で、

着実にフォロワー数を伸ばしています。

しかし全然使い方が分からず、山田孝之に教えてもらっているようです。笑

そして柳楽優弥のキス、まだ相手がいたんです。

みなさんも知っているであろう偉人。

そう、エガちゃん。

柳楽優弥は初バラエティで、

「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!絶対に笑ってはいけない名探偵24時」に出演。

絶対に捕まってはいけない名探偵にゲスト出演。

「スリッパ」や「鼻フック」など書かれた鬼に捕まるとその罰を受けるという鬼ごっこですが、

そこにエガちゃんが登場。

すでにスリッパで頭をはたかれたり、何度か罰をくらっていた柳楽優弥ですが、あっさりエガちゃんに捕まってしまいます。

そして、、、

これにはtwitterも大盛り上がり。

実際は鼻をベロベロに舐められただけでしたが、キスしているようにしか見えません。

キスだ、、キスだ、、、という声が多かったですね。

一連の流れをみて思ったことを述べさせて頂きます。

「いや、柳楽優弥もっと逃げなよ!!!!!」

まとめ

以上『柳楽優弥のキスは「まれ」だけじゃない!?』でした。

柳楽優弥演じる大輔のキスは、目を見張るものがありました。

お茶の間が大輔ロスになるのも頷けます。

最近ではプライベートでもムロツヨシにキスをしている柳楽優弥。

厳密にはキスじゃないですが、「柳楽優弥 キス」で検索が増えそうですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

おわり。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です