禁断の続編映画「デスノート2016」の評価とは!?

2006年、社会現象を巻き起こす大ヒットを記録した映画「デスノート」。

2016年「デスノート」の作中でも10年の歳月が過ぎ、豪華キャストで続編が公開。

スポンサードリンク



その評価について、世間はザワザワしている様子。

「君の名は。」の2016年映画動員ランキング9週連続1位を破った

映画「デスノート2016」の評価は一体??

「デスノートLight up the NEW world」

share

「デスノート2016」とも呼ばれている「デスノートLight up the NEW world」。

10年前ー

死神が落とした一冊のノートが、世界を恐怖で包んだ。

ノートが失われた現在でも、ある者はノートの謎を追い続け、

ある者は、ノートと戦う意志を受け継ぎ、

そしてある者は、ノートによって人生を救われた。

「DEATH NOTE」

そのノートに名前を書かれた人間は、死ぬ。

現在ー

地上に落とされた6冊のデスノート。

それぞれの野望を胸に、3人の男が動きだす。

激しくぶつかる3つの正義。

想像を絶する頭脳戦によるデスノートの奪い合い。

すべてを終わらせるのは誰だ。

映画「デスノート2016」キャスト

とにかくキャストが豪華すぎる映画「デスノート2016」。

メイン三人もさることながら、月とL、海砂、そして死神の声までも。

豪華すぎる面々が揃い踏みです。

imgres-10

三島創(みしまつくる) 東出昌大

デスノート対策本部のエース。

10年前のデスノート事件を何十冊ものノートにまとめている「デスノートオタク」。

images-13

竜崎 池松壮亮

Lの遺伝子を受け継いだ世界的探偵。

三島らデスノート対策本部と事件解明に奔走する。

やんちゃで行動が読めない、紛れもない天才。

imgres-9

紫苑優輝(しえんゆうき) 菅田将暉

キラ復活を目論むサイバーテロリスト。

キラの裁きによって犯人が殺されたことで一家惨殺事件から生き残り、神と崇める。

再び現れたデスノートを独占するため、三島や竜崎ら警察組織を翻弄する。

images-11

弥海砂(あまねみさ) 戸田恵梨香

10年前の記憶は失っていて、現在は女優として活動。

デスノート対策本部の厳しい監視下に置かれている。

青井さくら 川栄李奈

死神の目を持ち、繁華街で無差別殺人事件を引き起こす。

七瀬聖(ななせしょう) 藤井美菜

対策本部で紅一点の女性。正義感が強く仲間想い。

松田桃太    青山草太

対策本部で唯一10年前の事件を経験。

黒元晋     竹井亮介

浦上衛     大迫一平

須加原順郎   金田明夫

リューク(声) 中村獅童

アーマ(声)  沢城みゆき

ベポ(声)   松坂桃李

夜神月     藤原竜也

L        松山ケンイチ

御厨賢一     船越英一郎

スポンサードリンク



世界中でデスノート旋風!!その評価は?

images-16

 

 

 

 

公開から10日で動員100万人を突破した映画「デスノート2016」。

日本ほか70の国と地域で配給されています。

タイでは新作映画1位。シンガポールで初登場新作映画1位。

興行成績は2016年公開邦画の中で1位をひた走っています。

「デスノート」シリーズの累計動員数は1000万人を突破。

世界的に評価される作品となっています。

映画「デスノート2016」は、漫画では描かれなかった完全オリジナル作品。

決してパロディではなく、原作者の大場つぐみさんの助言を得て制作されています。

また、作画担当の小畑健さんは新たに登場する死神ベポとアーマのデザインを監修。

「CGのクオリティがとにかく凄い」という評価が続々挙がっています。

いままでの主題歌は海外の大物アーティストでしたが、

今作は日本代表するアーティストとして安室奈美恵が抜擢され、

images-17

主題歌「Dear Diary」劇中歌「Fighter」が話題に。

映画「デスノート2016」の評価は賛否両論。

良い評価と悪い評価に二分されています。

それもそのはず、「週刊少年ジャンプ」で連載された伝説的な漫画から始まり、

映画化されてきた作品どれもが高評価を得た「デスノート」シリーズ。

その10年越しの新作、豪華キャスト、いままでの高評価。

観客の期待は相当高いレベルだったはずです。

しかしやはり評価は「面白かった」という声が一番に挙がっていたと思います。

原作からのファンは、少し物足りないといった様子でした。

良い評価悪い評価、その中立から全体的な感想をすくってみます。

ここからは多少ネタバレを含みます。

良い評価

CGのクオリティ

めまぐるしく先が読めない展開

キャストの豪華さ(月とLの登場、10年後の海砂、死神の声優陣)

壮大な映像美

悪い評価

脚本が破綻している

醍醐味である頭脳戦が希薄

デスノートの設定が曖昧(ノートの所有権の放棄の上限が守られていない)

展開が安直、強引(Lの暗号にいきなり気づく三島)

等の評価が目立ちました。

誰に感情移入するかで多少評価は変わってくるとは思いますが、

全体的な評価はこのようです。

映画.comやyahoo映画のレビュー評価は、

5点満点中2.9点を変動しています。

悪い評価の理由として、

いくら原作者の助言を得たとしても、完全新作の脚本は、

本来の「デスノート」の醍醐味である天才vs天才の頭脳戦の組み立て方が甘かった。

それによってスクリーンから鬼気迫る緊張感が消えてしまった。

135分の中に「起承転、承転、承転結」くらい詰め込まれていて、展開はめまぐるしく変化するも、そこには観客を欺くほどの意外性は無く、目の前の起こる争奪戦を目で追うだけになり、映画「デスノート2016」の世界に入り込めなくなった。

それに伴い、演技が光る俳優陣だったが全体的な評価は下がった。

やはり天才vs天才の壮絶な頭脳戦を描くストーリーを生み出すのはかなりの労力が必要ですね。。

死神界にもPPAPブーム到来!?

映画「デスノート2016」公式HPに公開された衝撃映像。

リュークとピコ太郎の奇跡のコラボ。

ピコ太郎のPPAPはyoutubeの週間再生回数ランキングで世界一になる快挙を達成した人気動画。

これがなんともシュールなんです。笑

CGのクオリティに対してやっていることのくだらなさのギャップ。

リュークがリンゴ好きなところや、世界でヒットしているという共通点もツボです。笑

そしてこのリューク、全然キャラじゃないのにやらされてる感がすごいです。

公式HP、恐るべし。

まとめ

images-18

以上『禁断の続編映画「デスノート2016」の評価とは!?』でした。

賛否両論に分かれた映画「デスノート2016」の評価。

やはり「デスノート」シリーズのファンほど、物足りなく感じるようでした。

メインの3人も相当な覚悟を持って演じました。

池松壮亮はできればやりたくないとまで言っていました。

「結果は誰が決めることでもないし、ましてやこちら側がどうこう言えるものでもない。

でも、完成版を見たときに自信を持てましたし、手応えを感じた。

今言えるとしたら、『シン・ゴジラ』に勝ちたい(笑)」(池松壮亮)

「CGとか、冒頭の海外ロケのカットとか、興奮する画がいっぱい撮れている。

『デスノート』という兵器のただのファンタジーや神話で終わらないこの映画の熱を感じて、

(完成版を見たときに)ストンと腑に落ちた感じがしました。もう1回見たいです」(菅田将暉)

「大ヒット作品の続編という時点で、何を言われても仕方がないところはあると思うんです。

でも僕は、新しいものを作ったって胸を張って発表できる。

あとは、この衝撃を素直に受け止めて楽しんでいただけたらなと思います」(東出昌大)

インタビューでのメイン3人のコメント。

悪い評価が目立つ形にはなりましたが、個人的な評価は現在の邦画にはない新しいエンターテイメントだと思いました。

映像やバランスが綺麗でワクワクして、争奪戦をする三人の演技合戦が面白くて仕方がなかったです。

相当な重圧を跳ね除け、受け止める度量を持った俳優たちの演技は必見です。

いくら本編の評価が悪くても、3人の演技を観るためだけに劇場にいっても損は無いです。

最後まで閲覧ありがとうございました。

おわり。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です